一般財団法人日本きのこ研究所
ご挨拶
概要
試験・研究
指導・普及
認証業務
森喜作記念顕彰会
交通
お問合せ

認証業務

 有限会社マッシュマン福渡

生産者名 有限会社マッシュマン福渡 会社風景
認証番号 53001
住所 〒709-3143
岡山県岡山市建部町宮地293-2
代表者 代表取締役 岩崎 吉基
認証対象のきのこ栽培工程 生シイタケ  菌床栽培
ホームページ http://www10.oninet.ne.jp/sanmasyu/
プロフィール 代表取締役 岩崎吉基 氏晴れの国岡山の中心に位置する建部町という小さな町で、大自然を相手に椎茸栽培に取り組んでいます。周年を通じて安定生産・安定出荷を目指して、日々、努力しております。
安心確保のために最も気を遣うポイント 椎茸発生風景・ハウス内をはじめとして野外までの徹底した清掃。
・農薬・消毒剤を使用しないクリーンルームの実現。
・従業員一人一人の食品衛生に関する意識の向上。
主な販売先 商品ラベル・京都青果合同 株式会社
・株式会社 岡山丸果
・倉敷青果荷受組合


 有限会社フォーレ白老

生産者名 有限会社フォーレ白老 社員
認証番号 11002
住所 北海道白老郡白老町竹浦664番地2
代表者 坂内 重人
認証対象のき
のこ栽培工程
生しいたけ  菌床栽培
プロフィール 1997年12月設立、従業員約100名、北海道白老町で菌床生しいたけの栽培を通年で行っております。 北海道の菌床生しいたけ生産団体である「北海道テンパック会」に属し、安心・安全なきのこをお届けするため、日々、努力しております。
安心確保のために最も気を遣うポイント 生産工程では消毒用エタノールを除き、化学薬品、農薬は一切使用していません。手洗いと清掃で徹底した衛生管理体制の構築、維持に努めております。
主な販売先 森産業株式会社を通して北海道・本州の市場・全農 他に販売
メインとなる使用品種 商品 森産業株式会社 XR1・富富・他


 東川菌床センター

生産者名 東川菌床センター 地図
認証番号 11003
住所 〒071-1456
北海道上川郡東川町東6号南4番地
代表者 矢澤 睦
認証対象のきのこ栽培工程 生しいたけ 菌床栽培
ホームページ http://www.farm-marumi.co.jp/
プロフィール 写真平成15年に東川菌床センターを設立し、現在5名のグループ員で菌床シイタケの生産販売を行っています。北海道のほぼ中央で、最高峰の大雪山の伏流水を利用した菌床椎茸栽培を行っています。昼夜の寒暖差のある環境の中で大雪山の良質な水を使用し、ミネラル豊富でボリュームのある椎茸の栽培を目指しています。
安心確保のために最も気を遣うポイント 写真農薬の使用禁止、使用する水の水質確認、施設の清掃や従業員の健康管理などの衛生管理を徹底しています。
主な販売先 (株)ファームファミリー、(株)アークス、森産業株式会社ほか
グループ員紹介
社員 ○菌床製造と栽培、出荷を担当し、当グループのリーダーを務めています。消費者の皆様の要望に応えられるよう、衛生管理の徹底をはかり、美味しく、安心して食べられる椎茸を作ります。
矢澤 睦

○栽培と包装を担当しています。およそ20万床の椎茸栽培とグループのパックセンターの運営を行っています。今後も努力を惜しまず、安心安全な椎茸の生産を続けたいと強く思っています。 社員
森川 量司

社員 ○私は米作から、徐々にいろいろな人との出会いがある野菜中心の農業経営を始めるようになりました。その中で通年の労働力確保、収入の確保と言うことでシイタケ作りを始め、今に至っています。
大坪 譲

○平成14年にサラリーマンを辞め農業に戻りました。当初は冬場の菌床シイタケを栽培していましたが、徐々に夏場の椎茸栽培を増やし、現在は周年栽培体制となりました。これからも安心安全な椎茸の生産を行っていきます。 社員
阿部 茂

社員 ○私が自分で育てた椎茸を初めて食べた時、こんなにシイタケっておいしいんだとびっくりしました。この驚きをたくさんの消費者の皆さんにも、ぜひ味わってもらいたいとがんばっています。
畑中 美哉


 株式会社北海道きのこ生産総合研究所

生産者名 株式会社北海道きのこ生産総合研究所 写真
認証番号 11004(石狩生産工場)
11008(栗山・鳩山・むかわ生産工場)
住所 〒061-3241 (石狩生産工場)
北海道石狩市新港西1丁目777番地8
〒069-1507 (栗山生産工場)
北海道夕張郡栗山町旭台1番地65
〒069-1502 (鳩山生産工場)
北海道夕張郡栗山町鳩山5番地10
〒054-0016 (むかわ生産工場)
北海道勇払郡むかわ町宮戸1394-2
〒006-0807 (本社)
札幌市手稲区新発寒7条2丁目2番11号
代表者 三浦 裕一
認証対象のきのこ栽培工程 生しいたけ 菌床栽培
ホームページ http://www.kinoko-soken.co.jp/
プロフィール 1994年設立、従業員477名(グループ会社含む)、北海道の石狩市、栗山町・むかわ町で生しいたけの菌床仕込みから発生までの全工程を通年で行っています。
しいたけのほか、きくらげ、なめこ、まいたけ、たもぎたけを生産しています。
【グループ会社】
 (株)石狩しいたけファーム ・ (株)鳩山しいたけファーム
安心確保のために最も気を遣うポイント 写真自然がもたらす恵みをお客様に誠実にお届けすることを企業理念に掲げ、農薬を使用しない安心で安全なきのこを生産しております。
主な販売先 写真北海道テンパック会
北海道、関東、中京、関西の有名スーパー等


 桐生きのこ園

生産者名 桐生きのこ園 写真
認証番号 23009
住所 〒376-0007
群馬県桐生市浜松町2丁目5-10
代表者 中島 崇
認証対象のきのこ栽培工程 生しいたけ等 菌床栽培
ホームページ http://kikurage.boy.jp/
プロフィール 写真当園は桐生川のほとりに位置し、ミネラル豊富な伏流水を利用して、きのこ栽培を行っています。
特にバーベキュー・ステーキ用として、美姿・美味・ボリュームを追求した【ふくふく】ブランドを立ち上げ好評を博し、「桐生の一押し商品」として桐生市から認定を受けています。
周年を通じて生産、出荷できるよう日々努力しています。
しいたけのほか、きくらげ、ひらたけ等も生産しています。
安心確保のために最も気を遣うポイント 写真・農薬、殺虫剤の使用禁止
・使用する水の水質検査の実施
施設の清掃を徹底し、害虫等の発生には特に注意をしています。また、作業前後の手洗いの徹底など、従業員の衛生管理面にも細心の注意を払っています。
主な販売先 写真ラベル有名スーパー、JA直売所、飲食店等


 株式会社岩泉きのこ産業

生産者名 株式会社岩泉きのこ産業 写真
認証番号 13010
住所 〒028-2231
岩手県下閉伊郡岩泉町
浅内字下栗畑68-11
代表者 竹花 弘一
認証対象のき
のこ栽培工程
生しいたけ等 菌床栽培
ホームページ http://www.iwaizumikinoko.co.jp/
プロフィール 写真岩手県の北東部、日本三大鍾乳洞『龍泉洞』で知られる岩泉町で菌床しいたけの栽培に取り組んでいます。
広大な広葉樹の森と豊かな清水に恵まれている町で美味しいしいたけを生産しています。
安全で安心して食べてもらえるしいたけを安定的に供給していくことをモットーに全従業員で頑張っています。
安心確保のために最も気を遣うポイント 写真使用する水の水質検査の実施。農薬、殺虫剤の使用禁止に加え、施設の清掃を徹底し、害虫等の発生には特に注意をしています。また、手洗いの徹底など衛生管理面や異物混入防止などにも細心の注意を払っています。
主な販売先 写真東京都中央卸売市場・JA全農青果センター(株) など


 農事組合法人雲仙しいたけ生産組合

団体名 農事組合法人 雲仙しいたけ生産組合 写真
認証番号 63011
住所 〒859-1112
長崎県雲仙市吾妻町栗林名1264−11
代表者 伴 直隆
認証対象の
きのこ栽培工程
生しいたけ等  菌床栽培
プロフィール 写真2008年に農事組合法人雲仙しいたけ生産組合を設立、長崎県雲仙市の雄大な雲仙山麓のふもとで菌床しいたけ菌床きくらげの菌床製造、栽培、出荷までの工程を通年で行っています。安心、安全なものを提供することをモットーに、部署によっては一日の大半を清掃にあてていたりと徹底した衛生管理のもと菌床しいたけ、菌床きくらげの製造販売に社員一丸となって取り組んでおります。お客様のニーズに出来る限り合わせられるよう商品の研究開発、提供まで、対応できるよう日々精進しています。
安心確保のために最も気を遣うポイント 写真従業員一人一人の衛生管理、意識の向上、施設外施設内の清掃、整理整頓
主な販売先 写真中部、関西、関東の各中央卸売市場など


一般財団法人日本きのこ研究所 ↑ページトップへ
Copyright(C) The Mushroom Research Institute of Japan All Rights Reserved.